マルレク2016-2017 の開催について (お知らせ)

2016年3月 丸山 不二夫

マルレク2016-2017 開催趣旨

 人工知能(AI)研究は、コンピューターの歴史とともに古い歴史を持っています。Turing “I propose to consider the question, "Can machines think?で始まる論文を書いたのは、1950年のことです。それから30年後、日本では1980年代を通じて、述語論理による推論実行を目指す「第五世代コンピューター」が熱心に研究されました。その時期とも重なるのですが、今から約30年前の80年代半ばには、今日のニューラル・ネットワーク技術の基礎となるRumerhart等の “Parallel Distributed Processing(並列分散処理) が発行され、彼らが主唱する「コネクショニズム」が、大きな注目を集めました。「人工知能」は、決して一過的なバズワードではありません。しかし、それらの取り組みは、AI研究に大きな飛躍を生み出すことはできませんでした。

 

 人工知能が、ふたたび脚光をあびるのは、2012年ごろからです。Googleが、1,000台のサーバーを三日間動かし続けて、ラベルのない画像だけのデータからネコの特徴を取り出すことに成功し、この年の画像認識技術の国際的なコンテストであるImageNetで、GPUを使ったマシンが抜群の成績を収め、”Deep Learning” と言う言葉がブームになります。そのうねりは現在も続いています。2016年には、GoogleAlphaGOが囲碁のチャンピオンを破り、AI研究とその応用が、まったく新しい段階に入っていることを、多くの人に鮮烈に印象付けました。これらの目覚ましい成果の技術的中核は、ニューラル・ネットワーク技術です。

 

 ニューラル・ネットワークは、今、急速にその応用領域を拡大しつつあります。産業用ロボットや自動運転カーにとって、ニューラル・ネットワーク技術は、不可欠のピースの一つになりつつあります。その応用としての、音声をテキストに変換しテキストを音声に変換する技術は、人間と機械のインターフェースを大きく変えようとしています。静止画(例えば、医療分野での画像データ)だけでなく、リアルタイムのビデオ映像から特定の対象を見つけ出す能力は飛躍的に向上して、新しい応用が広がりつつあります。また、画像データにとどまらず、時系列データを含めて膨大なデータからその特徴を把握する能力は、多様な応用が可能です。ニューラル・ネットワーク技術は、こうした技術革新の中核です。

 

 ただ、モバイルが携帯電話の、クラウドがデータセンターの、ある意味では連続的な発展だったのに対して、ニューラル・ネットワーク技術は、ほとんどの技術者にとって全く新しい技術です。そこには、技術的な「断絶」があります。問題は明確です。我々は、ニューラル・ネットワーク技術を中核とする来たるべきAI新時代に向けて、学ぶことから始めなければなりません。今年度のマルレクは、ニューラル・ネットワークをテーマとして、この分野で技術者が自分で学ぶことを支援していきたいと思います。ご期待ください。

 

マルレクについて

 マルレクでは、IT技術のグローバルな新しい波にフォーカスして、丸山が重要と考えるトピックについて、ベンダー・フリーな立場から、出来るだけ新しい情報を、出来るだけわかりやすく、出来るだけ多くの方に、伝えていこうと思います。マルレクの基本的なメッセージの一つは、日本のIT業界が日本の元気を牽引するようになる上でも、日本のIT業界が、グローバルな技術的イノベーションの一翼を担うことが必要だと言うことです。グローバルな動向をよく知り、自分の頭でよく考えることが、イノベーションの出発点です。

 マルレクは、直接には、新しい技術の「アーリー・アダプター」層をターゲットにしています。その層を拡大し、その層のもつ技術的情報を豊かに出来ればいいと考えています。それは、イノベーションを担う層の裾野を広げ、間接的には、イノベーションを受け入れる層を拡大することにつながると確信しています。 

 

 なお、これまでのマルレクの取り組みについては、「マルレク講演資料集」https://goo.gl/Vgs73U を参照ください。

 

マルレク2015-2016 の開催について (お知らせ)

2015年3月 丸山 不二夫

マルレク2015-2016 開催趣旨

 21世紀の最初の15年で、携帯電話は全世界のほとんど全ての人に普及しようとしています。現在グローバルな規模で急速に進行している携帯電話からスマート・デバイスの移行は、世界人口の大部分が個人としてインターネット接続を果たす世界をもたらすでしょう。そうした変化を、おそらく10年以内に展望出来るところに我々はたっています。このグローバル・ネットワークの成立は、20世紀の後半から始まり現代の社会と経済に大きな影響を与えてきたIT化の一つの段階が終わり次の段階が始まるという世界史的な変化といっていいものです。

 

 この間、萌芽的に進んできたネットワーク・メディアによるコミュニケーションと情報の共有・蓄積のスタイルの変化も、生産流通消費といった経済行為のあらゆる場面でのネットワーク化の進展も、このグローバル・ネットワークのもとで、さらに新しい発展を迎えるでしょう。楽観的に言えば、21世紀の未来は、私たちに、社会的にも経済的にも、より一層の「自由」を約束するでしょう。こうした歴史的な変化を牽引しているのは、科学技術とビジネスのイノベーションであることは、言うまでもないことです。すでに、旧世代のIT技術・ITビジネスとは一線を画する、多くのドラスティックなイノベーションが生まれようとしています。そうした変化の波は、境界領域を巻き込んだ広く深いもので、かつ、グローバルなものです。

 

 マルレクでは、IT技術のグローバルな新しい波にフォーカスして、丸山が重要と考えるトピックについて、ベンダー・フリーな立場から、出来るだけ新しい情報を、出来るだけわかりやすく、出来るだけ多くの方に、伝えていこうと思います。マルレクの基本的なメッセージの一つは、日本のIT業界が日本の元気を牽引するようになる上でも、日本のIT業界が、グローバルな技術的イノベーションの一翼を担うことが必要だと言うことです。グローバルな動向をよく知り、自分の頭でよく考えることが、イノベーションの出発点です。

 

マルレクは、直接には、新しい技術の「アーリー・アダプター」層をターゲットにしています。その層を拡大し、その層のもつ技術的情報を豊かに出来ればいいと考えています。それは、イノベーションを担う層の裾野を広げ、間接的には、イノベーションを受け入れる層を拡大することにつながると確信しています。

 

2015-2016年の取り組み

1.開催テーマ

   本年度は、昨年に引き続き、以下のテーマを取り上げます。

  • 大規模分散システムの現在

  • デバイスとクラウド・サービス
  • Web技術の浸透と変容
  • 関数型言語の受容と拡大・Reactive プログラミング
  • IT技術とものづくりの未来
  • AIと学習理論

 

2.開催予定 

  • 本年度は、マルレクは、隔月で6回開催予定です。

  • 今年度と同様に、マルゼミをマルレクのフォローアップゼミとして開催します。

 

3.マルレク以外の取り組み 

  • マルレクのない月に、企業向けの出張セミナーを、積極的に開催します。


マルレク2014-2015の開催について (お知らせ)

(2014年2月)
丸山です。
 
昨年の6月から毎月開催してきたマルレク2013「クラウドとクラウド・デバイスの新時代」も、あと2月と3月の回を残すのみになりました。
2月は、「大規模グラフデータ処理」  (2月27日(木)、日本マイクロソフト株式会社(品川) にて開催予定)
3月は、「Java8とJava9 -- 関数型の導入と並列処理」
をテーマに開催する予定です。興味のある方ご参集ください。
 
4月の新年度からは、マルレク2014-2015「グローバル・ネットワークと技術革新の展望」を以下の要項で開催します。Next Billionの変化を見据え、日本のITが元気になるように、IT最新技術を日本のアーリー・アダプター層に紹介していきたいと思っています。今年度のマルレクに引き続き、新しいマルレク2014-2015にもご期待ください。
 
---------------------------------------------------------------------
マルレク2014-2015
「グローバル・ネットワークと技術革新の展望」開催趣旨
---------------------------------------------------------------------
 
21世紀の最初の15年で、携帯電話は全世界のほとんど全ての人に普及しようとしています。現在グローバルな規模で急速に進行している携帯電話からスマート・デバイスの移行は、世界人口の大部分が個人としてインターネット接続を果たす世界をもたらすでしょう。そうした変化を、おそらく10年以内に展望出来るところに我々はたっています。このグローバル・ネットワークの成立は、20世紀の後半から始まり現代の社会と経済に大きな影響を与えてきたIT化の一つの段階が終わり次の段階が始まるという世界史的な変化といっていいものです。
 
この間、萌芽的に進んできたネットワーク・メディアによるコミュニケーションと情報の共有・蓄積のスタイルの変化も、生産—流通—消費といった経済行為のあらゆる場面でのネットワーク化の進展も、このグローバル・ネットワークのもとで、さらに新しい発展を迎えるでしょう。楽観的に言えば、21世紀の未来は、私たちに、社会的にも経済的にも、より一層の「自由」を約束するでしょう。
 
こうした歴史的な変化を牽引しているのは、科学技術とビジネスのイノベーションであることは、言うまでもないことです。すでに、旧世代のIT技術・ITビジネスとは一線を画する、多くのドラスティックなイノベーションが生まれようとしています。そうした変化の波は、境界領域を巻き込んだ広く深いもので、かつ、グローバルなものです。
 
マルレクでは、IT技術のグローバルな新しい波にフォーカスして、丸山が重要と考えるトピックについて、ベンダー・フリーな立場から、出来るだけ新しい情報を、出来るだけわかりやすく、出来るだけ多くの方に、伝えていこうと思います。
 
マルレクの基本的なメッセージの一つは、日本のIT業界が日本の元気を牽引するようになる上でも、日本のIT業界が、グローバルな技術的イノベーションの一翼を担うことが必要だと言うことです。グローバルな動向をよく知り、自分の頭でよく考えることが、イノベーションの出発点です。
 
マルレクは、直接には、新しい技術の「アーリー・アダプター」層をターゲットにしています。その層を拡大し、その層のもつ技術的情報を豊かに出来ればいいと考えています。それは、イノベーションを担う層の裾野を広げ、間接的には、イノベーションを受け入れる層を拡大することにつながると確信しています。
 
We can do what we want, we can live as we chose
You see, there's no guarantee, we've got nothing to lose
 
All my life, I never knew what I could be
What I could do, then we were NEW

---------------------------------------------------------------------
マルレク2014-2015年の取り組み
---------------------------------------------------------------------
 
1.開催テーマ
 
本年度は、昨年に引き続き、以下のテーマを取り上げます。
 ・大規模分散システムの現在
 ・デバイスとクラウド・サービスの遍在
 ・Web技術の浸透と変容・Packaged Web App
 ・関数型言語の受容と拡大・Reactive プログラミング
 ・新しい型の理論・HoTT
 ・学習理論とコンピュータ
 
2.開催予定
 
 ・本年度は、マルレクは、隔月で6回開催予定です。
 ・今年度と同様に、少人数のマルゼミをマルレクのある月に開催します。
 
3.マルレク以外の取り組み
 
 ・資料を電子書籍化して、出版を行います。
 ・マルレクのない月に、企業向けの出張セミナーを、積極的に開催します。
 
 

丸山不二夫  「マルレク」、「マルゼミ」 以外の講演

   ( 準備中 )

What's New

【マルレク2017-2018】

マルレク個人協賛会員   募集中

一口5,000円(申込から1年間)

ご案内はこちらから

お申込みはこちらから 

 

開催 マルレク2017-2018 第一回

New

マルレク2017-2018第一回「 ニューラル・コンピューターとは何か? 」

開催 2017年5月31日(水)

       19:00~21:00

申込受付 (終了しました)

 協賛会員 5/17(水)12:00~

 一般申込 5/24(水)12:00~

開催概要はこちら

講演資料はこちらから。 

 

 

【マルレク2016-2017】

開催 マルレク2016-2017 第六回

マルレク2016-2017第六回「 RNNの応用と発展 -- Googie翻訳とDNA 」

開催 2017年3月27日(月)

       19:00~21:00

申込受付 (終了しました)

協賛会員 3/13(月)12:00~

 一般申込 3/20(月)12:00~

開催概要はこちら

講演資料はこちら

 

 

開催 マルレク2016-2017第五回

マルレク2016-2017第五回「 RNNの基礎 -- Sequence to Sequence 」

開催 2017年2月28日(火)

       19:30~21:30

申込受付  (終了)

 協賛会員 2/14(火)12:00

 一般申込 2/21(火)12:00

開催概要はこちら

講演資料はこちら

 

 

開催 マルレク2016-2017第四回

マルレク2016-2017第四回「 ネットワークとハードウェアの技術動向 」

開催 2016年11月30日(水)

       19:00~21:00

申込受付 (終了しました)

 協賛会員 11/16(水)12:00

 一般申込 11/23(水)12:00

開催概要はこちら

講演資料はこちら

 

開催 マルレク2016-2017第三回

マルレク2016-2017第三回「 パーソナル・アシスタント・システム と人工知能 」

開催 2016年9月27日(火)

       19:00~21:00

申込受付 (終了しました)
 協賛会員 9/13(火)12:00

 一般申込 9/20(火)12:00

開催概要はこちら 

講演資料はこちらから。

 

 

開催 マルレク2016-2017第二回

 マルレク2016-2017第二回「 自然言語と人工知能 」

開催 2016年7月22日(金)

        18:30~20:30

定員 200人 (予定)

申込受付 (終了しました)

 協賛会員 7/11(月)12:00

 一般申込 7/15(金)12:00

開催概要はこちら

講演資料はこちら。 

 

 

開催 マルレク2016-2017 第一回開催

マルレク2016-2017第一回「 Convolutional Neural Network 入門講座 」

開催 2016年5月13日(金)

        19:00~21:00

定員 200人

申込受付 5月6(金)12:00

       ~5月13日10:00

       (終了しました)

開催概要はこちら。 

講演資料はこちら。 

 

資料 マルレク2016-2017 (4/23 公開)

「 パーソナル・アシスタント・システムの現在 - Google Now,Cortana,Alexa,Dialog - 」

資料閲覧はこちらから。  

「 IBM Watsonは、何をしていたのか? 」

資料閲覧はこちらから。  

 

【マルレク2015-2016】

開催 マルレク2015-2106第六回

マルレク2015-2016第六回「ニューラル・ネットと技術革新の展望 +PROJECT ARA 」

開催 2016年3月12日()

        16:00~17:00

定員 200人 (無料)

受付 3月5(土)12:00~

     (終了しました)

開催概要はこちら

講演資料はこちら。 

 

開催 マルレク2015-2016第五回

マルレク2015-2016第五回「ニューラル・ネットワーク+TensorFlow 入門講座」

開催 2016年2月2日(火) 

定員 200人 (無料)

受付 1月26(火)12:00~

      (終了しました)

開催概要はこちらから。 

講演資料はこちらから。

 

開催 マルレク2015-2016第四回 

「マルレク2015-2016」

 第四回開催

12月22日(火) 19:00 

定員 150人 (無料)

受付 12月15日(火)12:00~

    ( 終了しました)

開催概要はこちらから。

講演資料はこちらから。

 

 

開催 クラウド研究会2015第二回

「 クラウドとコンテナー技術 」

2015年12月8日(火)

定員 150人

開催概要はこちら

講演資料はこちらから。

 

 

開催 クラウド研究会2015 第一回

「 クラウドOSとマクロサービス 」

2015年10月27日(火)

定員 130人

開催概要はこちら

講演資料はこちらから。

 

 

開催 マルレク2015-2016第三回 

「マルレク2015-2016」

 第三回開催

9月29日(火) 19:00 

定員 200人 (無料)

受付 9月18日(金)12:00~

    (終了しました

開催概要はこちらから。

講演資料はこちらから。

 

 

開催 マルレク2015\2016 第二回

「マルレク2015-2016」

 第二回開催

6月17日(水) 18::30 

定員 200人 (無料)

受付 6月10日(木)12:00~

    (終了しました)

開催概要はこちらから

講演資料はこちらから。

 

 

開催 マルレク2015-2015第一回

「マルレク2015-2016」

 第一回開催

5月14日(木) 19::00 

定員 150人 (無料)

受付 5月7日(木)12:00~

    (終了しました)

開催概要はこちら

講演資料はこちらから。(5/14)

 

 

【 マルレク2014-2015 】

開催 マルレク2014-2105第六回

「マルレク2014-2015」第六回開催

3月24日(火) 19::00 

定員 180人 (無料)

受付 3月17日(火)12:00~

    (終了しました)

開催概要はこちら

講演資料はこちらから。(3/24)

 

 

開催 マルレク特別編 第二回

「マルレク特別編」 第二回開催

2月26日(木) 18:30 

定員 500人

     (終了しました)

開催概要はこちらから。

講演資料はこちらから。(2/26)

 

 

開催 マルレク2014-2015第五回

「マルレク2014-2015」 第五回開催

2月02日(月) 19:00 

定員 150人

 (終了しました)

開催概要はこちらから。

講演資料はこちらから。(2/02)

 

 

 

 

開催 マルゼミ2014-2015第四回

「マルゼミ2014-2115」 第四回開催

12月04日(木) 19:00 

定員 130人 

無料

開催概要はこちら

     (終了しました)

講演資料はこちらから。(12/03)

 

開催 マルレク2014-2015第四回

「マルレク2014-2015」 第四回

11月25日(火) 19:00 

受付開始 11月18日12時 ~

定員 150人 (無料)

開催概要はこちらから。

     (終了しました)

講演資料はこちらから。(11/25)

 

開催 マルゼミ2014-2015第三回

「マルゼミ2014-2115」 第三回開催

10月07日(火) 19:00 

定員 60人 

無料

開催概要はこちら。 (終了)

 

 

開催 マルレク2014-2015第三回

「マルレク2014-2015」 第三回

9月26日(金) 19:00 

受付開始 9月19日12時~

定員 200人 

無料

開催概要はこちらから。 

(終了しました)

講演資料閲覧はこちらから。 

 

 

開催 マルゼミ2014-2015第二回

「マルゼミ2014-2115」 第二回開催

8月01日(金) 19:00 

定員 30人 

無料

開催概要はこちら。 (終了)

 

 

開催 マルレク2014-2015第二回

「マルレク2014-2015」 第二回

7月23日(水) 19:00 

受付開始 7月16日12時~

定員 200人 

無料

開催概要はこちらから。 

(終了)

講演資料閲覧はこちらから

 

 

開催 マルゼミ2014-2015第一回

「マルゼミ2014-2115」 第一回開催

6月20日(金) 19:00 

定員 30人 

無料

開催概要はこちら。 (終了)

 

 

開催 マルレク特別編

「マルレク特別編」 開催

6月11日(水) 18:30 

定員 500人 

無料

開催概要はこちら。 (終了)

講演資料閲覧はこちら

 (データサイズ 15.3MB)

 

資料 マルレク2014-2015第一回講演

マルレク2014-2015 第1回

    (2014/05/20開催)

 講演資料公開 閲覧はこちら

   (データサイズ 38.4Mb)

 

資料 マルレク2014-2015第一回 ノート

2014-2015第1回開催ノート

 その(1) こちらに掲載。

 その(2) こちら

 その(3) こちら 

お知らせ

2014年度マルレク開催のお知らせは こちら 

【 マルレク2013 】

開催 第十回マルレク 「マルレク特別編」

第十回マルレク2013

        「マルレク特別編」 開催

4月16日(水) 18:30

             ~21:15

定員 150人 

無料

開催概要はこちら。 (終了)

講演資料閲覧こちら

(データサイズ 約11Mb)

 

開催 第九回マルゼミ

第九回マルゼミ2013開催

2月28(金) 19時~21時

定員 20人 

受講料 5,000円

      (協賛企業 無料枠あり) 

開催概要はこちら(終了) 

 

開催 第九回マルレク

第九回マルレク2013開催

2月27日(木) 19時~21時

定員 150人 

無料

開催概要はこちら(終了

講演資料閲覧こちら

(データサイズ13.3Mb)


 

資料 第八回マルレク

第八回マルレク2013

(2014/1/21 開催)

講演資料を公開

閲覧こちら

(データサイズ8.7Mb)

 

資料 第七回マルレク

第七回マルレク2013

(2013/12/16 開催)

講演資料を公開

閲覧こちら

(データサイズ2Mb)

 

資料 第六回マルレク

第六回マルレク2013

(2013/11/15 開催)

講演資料を公開

閲覧こちら

(データサイズ44Mb)

 

資料 第五回マルレク

第五回マルレク2013

(2013/10/25 開催)

講演資料を公開

閲覧こちら

 

資料 第四回マルレク

第四回マルレク2013

(2013/9/24 開催)

講演資料を公開

※ データサイズ34M

閲覧こちら

 

 

資料 第三回マルレク

第三回マルレク2013

(2013/8/27 開催)

講演資料を公開

閲覧はこちら

 

 

資料 第二回マルレク  (補足)

 (7/31)

第二回マルレク2013

(2013/7/29 開催)

講演資料の一部を追補

「Spanner論文の翻訳」

閲覧はこちら

 

 

資料 第二回マルレク

 (7/28)

第二回マルレク2013

(2013/7/29 開催)

講演資料を公開

閲覧はこちら

 

 

資料 第一回マルレク

第一回マルレク2013

(2013/6/28 開催)

講演資料を公開

閲覧はこちら