マルレク2014-2015のご案内

この数年来、丸山は「クラウドとクラウド・デバイス」という切り口で、ITの世界の変化に注目してきました。現在では、クラウド技術の受容は基本的なトレンドとなり、クラウド・デバイスはグローバルな規模でその普及が進行しようとしています。重要な事は、これからの十年でスマートフォンが新たに数十億人に普及するだろうというNext Billions の近未来は、世界人口の大多数がインターネットに接続するだろうということを意味しているという事です。このインターネットのグローバル化は、20世紀の後半から始まり現代の社会と経済に大きな影響を与えてきたIT化の一つの段階が終わり次の段階が始まるという世界史的な変化といっていいものです。

こうした展望のもとに、今年度のマルレクは、「グローバル・ネットワークと技術革新の展望」をテーマに、メディアとしてのネットワークと経済のネットワーク化という二つの面からネットワークの変化に注目して行きたいと考えています。第一回のテーマは、”Internet of Things” です。IoT については、いろんな議論が行われていますが、出来るだけ広い角度から、我々が実践的に準備すべき課題を明確に出来ればいいと思います。

 

「 マルレク2014-2015 」 の取り組み

1.開催テーマ

 

 「グローバル・ネットワークと技術革新の展望」を年間テーマとして、

 次のようなトピックを取り上げます。

 

  ● 大規模分散システムの現在

  ● デバイスとクラウド・サービスの偏在

  ● Web技術の浸透と変容・Packaged Web App

  ● 関数型言語の受容と拡大・Reactive プログラミング

  ● 新しい型の理論・HoTT

  ● 学習理論とコンピュータ

 

2.開催予定 

 

  ● 本年度の「マルレク」は、隔月で6回の開催予定です。

  ● マルゼミは、「マルレク2013」と同様に、「マルレク」を開催する月に開催します。

 

3.マルレク以外の取り組み予定

 

  ● 新資料を電子書籍化して、出版を行います。

  ● マルレクを開催しない月に、企業向けの出張セミナーを、積極的に開催します。

 

マルレク2014-2015 開催予定

マルレク2014-2015の開催は、2013年5月から2014年3月まで隔月毎に1回、計6回を予定しています。

 

         開催概要はこちら

 

  • 第一回  5月  「IoTを考える -- エンタープライズとビッグデータとウェアラブル

                              5月20日(火)開催 (終了しました) 

  • 第二回  7月  「Cyber-Physical Systemsと自律分散システム」

                            7月23日(水)開催 (終了しました) 

  • 第三回  9月  「人間の思考、機械の思考」

                9月26日(金) 開催 ご案内はこちらから。(終了しました) 

  • 第四回 11月  「エンタープライズと機械学習技術 -- Big Data と Deep Learning」

               11月25日(火) 開催 ご案内はこちらから。 (終了しました)                      

  • 第五回  2月  「ハードウェア技術の動向 -- MS Bing 検索でのFPGAの利用 -- 」 

               2月02日(月)開催 ご案内はこちらから。 (終了しました)

   

  • 第六回  3月 「Amazonのクラウド・データベース Amazon Aurora 」     

              3月24日(火) 開催  ご案内はこちらから。 (終了しました)

                     (受付開始 3月17日12;00~ )

 

 テーマは変更することがあります、予めご了承ください。 

 

 

マルゼミ 開催について

マルレクの開催に並行して、マルゼミを開催します。

マルゼミは、基本的にマルレクと同じテーマで、同月開催のマルレクのフォローアップをゼミナール形式で行うものです。

(定員20~30人前後での開催を予定)

 

  ● マルゼミ第1回   「IoTを考える」

                6月20日(金)開催 (終了しました)  開催概要はこちら

 

  ● マルゼミ第2回  「3Dプリンターとロボットの世界」     開催概要はこちら

                8月1日(金)開催  (終了しました)  

 

  ● マルゼミ第3回  「人間の思考、機械の思考」           開催概要はこちら 

                10月7日(火)開催 (終了しました)  

 

   ● マルゼミ第4回 「エンタープライズと機械学習技術 -- Big Data と Deep Learning -- 」

                12月4日(木)開催 (終了しました)  開催概要はこちら


    ● マルゼミ第5回 「 Amazonのクラウドデータベース Amazon Aurora 」 

                              (2015年 開催日程調整中

 

    

※ マルゼミへの参加は、マルレク・マルゼミに協賛いただいた法人・個人を優先させていただくことがあります。

 

 

 

マルレク特別編について 

      開催概要はこちら

 

 ● 第一回  「スマホが変わる、スマホの作り方が変わる -- Project Araと新しいモノづくりのエコシステム」  

           2014年6月11日(水)開催  終了しました 

             (マルレクと日本Androidの会とBLEガジェット勉強会の合同勉強会として開催)

  

 ● 第二回  「スマホが変わる。もの作りが変わる。   

           2015年2月26日(木)開催   開催概要はこちら。 (終了しました)

             (マルレクと日本Androidの会、BLEガジェット勉強会、Google Developer Groupの

              四団体の合同勉強会として開催します合同勉強会として開催)

  

 

 テーマ、講演内容は変更することがあります、予めご了承ください。 

 

 

     

マルレク 2015-2016  への協賛を募集中

マルレク2015‐2016の活動に対する法人ならびに個人の協賛を募集しています。

                          (マルレク2014‐2015のご案内はこちら

 

マルレク協賛の条件等につきましては、メールにて下記アドレス宛にお問合せください。

 

  丸山事務所  maruyama-office@digital-life365.com

   

マルレク2014-2015 協賛いただいている法人

(順不同、敬称略)

  ● 株式会社あゆた


 ● 富士通株式会社

 ● 株式会社NTTドコモ

 ● 日本アイ・ビー・エム株式会社

 ● KDDI式会社

 ● 株式会社NTTデータ

 ● 日本マイクロソフト株式会社

What's New

「マルレク2013」~「マルレク2018」関連情報について

 2013年3月から2019年4月まで掲載した マルレク(丸山不二夫レクチャーシリーズ)に関連する情報は  ごちら をご覧ください。

(2019年5月) 

丸山事務所で行って来たマルレク事務局とマルレク個人協賛の管理・運営は、2019年4月から一般社団法人 MaruLabo内に移行いたしました。
 4月以降のマルレクに関する情報はMaruLaboサイト( https://www.marulabo.net/ )にMarulabo活動と一元化して掲示させて頂きます。
 (2019年5月1日)