マルレク 2015―2016 開催概要

マルレク2015-2016は、2015年5月から隔月で2016年3月まで、計6回の開催を予定しています。

マルレク2015-2016 第六回/3月12日(土) (終了)

 ● 開催テーマ :  「 ニューラル・ネットと技術革新の展望 +PROJECT ARA 

   講    演 : 丸山不二夫 

                 講演資料の閲覧はこちらから。 (データサイズ60.8MB)

               

 ● 日 時 : 2016年3月12日(土)  16:00 ~ 17:00 予定

  ● 会 場 : 青山学院大学 青山キャンパス17号館6階 本多国際会議場  (渋谷・表参道)

            ( 日本アンドロイドの会 「ABC 2016 Spring」イベント会場 内 )

            ( 東京都渋谷区渋谷4-4-25 )

 

 ● 申込受付開始 : 2016年3月5日(土) 12:00  ~

   受講申込み   : こちらから。 (終了しました)

   定 員 : 200人 無料(申込先着順)

 

講演概要

まず、学ぶことから始めよう

モバイルとクラウドの時代が始まって10年が経ちました。次の10年を展望した時、AI技術が、その新しい技術的中核として登場しようとしています。

ただ、モバイルが携帯電話の、クラウドがデータセンターの、ある意味では連続的な発展だったのに対して、ニューラル・ネットワークは、ほとんどの技術者にとって全く新しい技術です。そこには、技術的な「断絶」があります。

問題は明確です。我々は、来たるべきAI新時代に向けて、学ぶことから始めなければなりません。同時に、重要なことは、今後の10年を展望すれば、それはすべての技術者にとって必要な課題になるだろうだということです。

 

何を学ぶべきか? 新年度のマルレクの概要を紹介します

では、ニューラル・ネットワークについて、何を学ぶことから始めるべきなのでしょう? 講演では、前回のマルレクの「ニューラル・ネットワーク入門」に続く、新年度からの次のようなマルレクの予定とその概要を示したいと思います。

  • 「Deep Learningとそのフレームワーク」(4/4 at Google)
  • 「Convolutional Neural Network入門」(次回マルレク)
  • 「Recurrent Neural Network / LSTM入門」(次次回マルレク)
  • 「CNNとRNNの応用」(それ以降)

 

参考資料

 

PROJECT ARAへの期待

今回の講演には、もう一つのトピックがあります。それがProject Araです。

Project Araのコンセプトが発表されてから3年近くになりますが、いろいろな紆余曲折があって、まだ製品化のめどはたっていません。 ただ、今年のGoogle IOでは、新しい発表があると言われています。Project Araの製品化は、モバイルの新しい進化の道を示すものになると、僕は考えています。

 
今回の講演では、「ものづくり」の変化という観点から、あらためてProject Araを取り上げてみたいと思います。かつてProject Araの中心にいた、Paul Eremenkoのものづくりのビジョンを、彼のDARPA時代の仕事にさかのぼって紹介しようと思います。

 

マルレク2015-2016第五回/2月2日(火)開催 (終了)

 ● 開催テーマ :  「 ニューラル・ネットワーク+TensorFlow 入門講座 

   講    演 : 丸山不二夫 

                  講演資料の閲覧はこちらから。 (データサイズ14.9MB)

 

 ● 日 時 : 2016年2月2日(火) 19:00 ~ 21:00 

             (開場 18:30 / 受付 18:30 ~ 19:30 )

  ● 会 場 : KDDI株式会社 本社 会議室  (飯田橋・水道橋)

           (東京都千代田区飯田橋 3-10-10 ガーデンエアタワー )

 

 ● 申込受付開始 : 2016年1月26日(火) 12:00  ~2月1日(月)12:00まで

   受講申込み   : こちらから。 (終了しました)

   定 員 : 200人 無料(申込先着順)

 

       ※ 「マルレク2014-2015第五回ではお手伝いいただける方を若干名募集いたしました。
         ( ご応募、開催運営のご協力ありがとうございました。)

 

講演概要

機械学習には、数値予測・自然言語処理等々いろいろな領域があるのですが、今回は、この分野で近年もっとも活発に発展・応用が進んでいるニューラル・ネットワーク/ディープ・ラーニングにフォーカスした入門講座です。

また、ニューラル・ネットワークを扱うフレームワークとしては、昨年の11月に、Googleがオープンソースとして公開した、TensorFlowを取り上げます。TensorFlowの入門講座としても役に立てればと考えています。

 

ニューラル・ネットワーク入門

ニューラル・ネットワーク入門では、まず、ニューラル・ネットワークの歴史と従来のコンピューティング技術との対比を中心に、この技術が、何を目指しているのかを概観します。次いで、この技術の個別の構成要素、重みとバイアス、Back Propagation、コスト関数、Gradient Decent、Convolution等を簡単に説明します。最後に、この分野でのこれまでの達成について述べ、自然言語処理への挑戦を中心に、新しい動向を紹介します。

 

TENSORFLOW入門

TensorFlow入門では、最初に、このプロジェクト登場の意味について考えたいと思います。次いで、この技術で用いられている、基本的な術語、graph, tensor, operation, session, device, kernel 等について説明します。最後に、簡単な数値予測のサンプルと少し複雑な画像認識のcNNのサンプルで、tesorflow のプログラムの作り方を説明したいと思います

 

参考資料

 

マルレク2015-2016 第四回 /12月22日(火) 開催 (終了)

 ● 開催テーマ :  「 機械学習技術の現在 2 

   講    演 : 丸山不二夫 

                講演資料の閲覧はこちらから。 (データサイズ17.7MB)

    

 ● 日 時 : 2015年12月22日(火) 19:00 ~ 21:00 

             (開場 18:30 / 受付 18:30 ~ 19:30 )

  ● 会 場 : 日本マイクロソフト株式会社 品川本社 セミナールーム  (品川)

           (東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー )

 

 ● 申込受付開始 : 2015年12月15日(火) 12:00  ~12月21日(月)12:00まで

   受講申込み   : こちらから。 ( 終了しました )

   定 員 : 150人 無料(申込先着順)

 

講演概要

 前回のマルレクも、機械学習技術がテーマでしたが、今回も引き続き、同じテーマで開催します。今回は、この間のこの分野の新しい動きとして、IBM Watson API, MS DMTK, Google TensorFlow を取り上げます

 

WATSON VS WATSON

今回取り上げるIBMのWatson APIは、自然言語の処理を一つの特徴としています。その意味では、前回のマルレクのテーマの一つだった、クイズ番組Joepardyで人間相手に優勝したWatsonと同じ技術の発展系と思われるかもしれませんが、講演では、同じ名前を持つ二つのWatsonを、むしろその「違い」に注目して比較してみたいと思います。

 

MS DMTKとWORD2VEC

MS DMTKも自然言語の処理をターゲットにしています。基本的には、単語の「意味」に、複数の単語の意味の「近さ」を統計的に数値化することで近づこうとするアプローチです。こうしたアプローチで有名なのは、Googleの技術者が開発したWord2Vecというツールがあります。講演では、Word2Vecも紹介しながら、こうした統計的アプローチの課題を考えてみたいと思います。

 

GOOGLE TENSORFLOW

Google TensorFlowは、もうすこし汎用的な枠組みを提供しようとしています。それは、この間、Deep Learningの世界で進行していた、TorchやCaffeのような、ニューラル・ネットワークを記述する言語を構成しようという流れと、DMTKも志向しているような、機械学習システムを、分散システムとして構築しようという、二つの流れの結節点に立っているプロジェクトです。その意味では、機械学習技術の「第二世代」の登場を意味する注目すべきプロジェクトです。講演では、TensorFlowの紹介に、時間を割きたいと思っています。

 

改めて考えたいこと

「人工知能」や「機械学習」という言葉は、とてもホットな話題になっています。「シンギュラリティ」に対する関心も高いものがあります。しかし、機械を作っているのは人間です。人間が、自ら、「知識とは何か」「知能とは何か?」「ことばとその意味とは何か?」「人間の言語能力とは何か?」について考えることなしには、知能を持った機械を作ることはできないはずです。それは、確かに難しい問題ですが、誰でも考えることのできる問題です。そうした「哲学的」ではあるけど、「常識的な批判力」を持つことの重要性を訴えられたらいいと思っています。

 

参考資料

 

マルレク2015-2016 第三回 /9月29日(火) 開催 (終了)

 

 ● 開催テーマ :  「 機械学習技術の現在

   講    演 : 丸山不二夫 

                 講演資料の閲覧はこちらから。(データサイズ 49MB)

    

 ● 日 時 : 2015年9月29日(火) 19:00 ~ 21:00 

             (開場 18:30 / 受付 18:30 ~ 19:30 )

  ● 会 場 : GMOインターネット株式会社 本社11F ユアーズ  (渋谷)

           (東京都渋谷区桜丘 26-1 セルリアンタワー )

 

 ● 申込受付開始 : 2015年9月18日(金) 12:00 ~ 9月28日(月)12:00

   受講申込み   : こちらから。 (終了しました

   定 員 : 200人 無料(申込先着順)

 

講演概要

はじめに

現代のIT技術とその利用の一つの新しい焦点は、ML(機械学習)技術とAI(人工知能)技術にあります。機械が、人間のように学習し、人間のように思考する。これは科学者たちの長い間の夢でした。私たちは、そうした夢が実現する時代の始まりに立っているのかもしれません。

ただ、近年の機械学習技術・AI技術とその利用の急速な発展と拡大は、現象的には、これらの技術に対する人々の全体的な理解を難しくしています。これらの技術で、何が出来て何が課題なのか、よく知ることがないと、空想的で根拠のない楽観論と技術否定に通じかねない悲観論の両極に、技術の評価が振動します。

今回のレクチャーは、機械学習技術・AI技術の現在について、オーバービューを与えることを目的にしています。出来るだけ多くの人に、これらの技術の到達点と課題の概略を知ってもらいたいと思います。畢竟、機械学習を知るためには人間の学習が必要であり、人工知能を作るには人間の知能が必要です。IT技術者の方には、自身でこの分野への問題意識を深めていくことを期待しています。


機械学習技術を構成する複数の流れ

最初に確認したいのは、機械学習技術・AI技術は、単一の技術ではなく、それを構成する複数の流れがあるということです。大雑把に言うと、次のようなものがあります。

 A. データの統計的分析をもとに、数値予測・クラス分けを行うもの。
 B. ニューラルネットワークの手法を用いて、生物の感覚・運動系の能力の相同物を機械上で実現しようとするもの。
 C. 人間固有の言語能力と経験的な知識・推論システムに関わるもの。
 D. 人間の数学的・論理的な推論能力に関わるもの。

これらの領域は、相互に関連することもありますが、基本的には、独立です。興味のあるところから、手をつけるのがいいと思います。現在、もっとも活発に研究・応用が進んでいるのは、B. の領域ですが、機械学習・AI技術の最終目標は、C. の領域にあるのではと、僕は考えています。


パーソナル・アシスタント・システムの現在

AndroidのGoogle Now、iPhoneのSiri、WindowsのCortana等の、音声インターフェースのパーソナル・アシスタント・システムは、多くの人に、AI時代の到来を印象付ける上で大きな役割を果たしています。AmazonのAlexa、FacebookのMも、そうした動きに追随しています。

これらの技術は、先の分類では、B. 領域の技術を用いて、この間、急速に精度を向上させた音声認識(Speech Recognithion)技術を、共通のベースにしています。レクチャーでは、代表的なシステムの実装を紹介したいと思います。これらの音声質問応答システムの到達点は、現在の機械学習技術・AI技術の課題をよく示していると僕は考えています。

これらは、人間の知能にどう迫っているのでしょう? 残念ながら、その多くは、「Turing Test Machine」 と呼ぶべきものです。パーソナル・アシスタント・システムを含む質問応答システムの雄は、なんといっても、IBM Watsonです。それは、単純な「Turing Test Machine」 を超えようという試みの一つです。レクチャーでは、Watsonの技術について、少し詳しく紹介しようと思います。


機械学習ソフトウェアのオープンソースでの提供

「はじめに」で、「出来るだけ多くの人に、これらの技術の到達点と課題の概略を知ってもらいたい」と述べましたが、その条件は大きく広がっています。クラウド上での安価で高性能な機械学習サービス(これらの多くは、先の分類では A. 領域に属します)が開始されると共に、優れた機械学習ソフトウェア(これらの多くは、先の分類では B. 領域に属しています)が、誰でもアクセス出来る形で提供されています。

レクチャーでは、後者のオープンソースの動きにフォーカスして、その幾つかを紹介したいと思います。次のようなものがあります。

  Torch: https://goo.gl/Yg98OO
  Caffe : http://caffe.berkeleyvision.org/
  Sirius: http://sirius.clarity-lab.org/sirius/

MSのニューラル・ネットワークの構造を記述する言語 Net# も興味ふかいものです。


機械学習ハードウェアの変化とコンピュータの新しい形の模索

機械学習技術を支えるハードウェア・システムも、大きな変化の只中にあります。
「Googleの猫」の認識に成功したシステムは、16,000コアからなる巨大なシステムでしたが、現在は、GPUを利用してシステムは小型化し、研究室内のマシンでも同じ処理が可能になっています。先に紹介したオープンソースの多くは、デフォールトでGPUの使用を想定しています。また、MSのCatapultやSiriusのサーバーサイドのように、クラウド上に、FPGAを使って高性能で低電力なシステムを構築する研究も活発に行われています。

ただ、ハードウェアをめぐる動きの中で特筆すべきなのは、「人間の脳にインスパイアされた」というIBMのニューロチップTrueNorthだと思います。TrueNorthは、現在のフォン・ノイマン型のコンピュータとは、異なるアーキテクチャーを持っています。レクチャーでは、TrueNorthと、その開発言語Coreletを、紹介したいと思います

マルレク2015-2016 第二回 /6月17日(水) 開催 (終了)

 ● 開催テーマ :  「 大規模分散システムの現在 -- Twitter -- 」

   講    演 : 丸山不二夫 

                                   講演資料はこちらから。  (27.6 Mb)  

  

 ● 日 時 : 2015年6月17日(水) 18:30 ~ 20:30 

             (開場 18:00 / 受付 18:00 ~ 19:00 )

  ● 会 場 : 富士通株式会社 富士通ソリューションスクエア  (蒲田)

            (東京大田区新蒲田1-17-25 )

 

 ● 申込受付開始 : 2015年6月10日(水) 12;00 ~

   受講申込み   : こちらから。 (終了しました)

   定 員 : 200人 無料(申込先着順)

 

「大規模分散システムの現在 -- Twitter -- 」
「大規模分散システムの現在 -- Twitter -- 」

講演概要

TWITTERのアプローチ -- 大規模分散システムの特徴の把握

大規模分散システムについてのTwitterのアプローチは、ScalabilityとAvailabilityの担保を中核とした GoogleやFacebookの大規模分散システムのアプローチとは、一味、違っています。そこでは、ネットワーク上のノードやReplicaの配置といった具体的な問題よりは、大規模分散システムの特徴の抽象的な把握に大きな関心が寄せられているように思います。

Twitter的な見方をすれば、大規模なシステムというのは、まず何よりも、大規模なサービス(基本的なサービス+それとCross Cuttingなサービス)の集まりです。サービスは、基本的には分散した非同期なネットワーク・サービスで、これらの様々なサービスが結合して、新しいサービスを生み出します。その限りでいえば、それは、SOA的なアプローチといっていいものです。


大規模分散システムを関数型言語で記述する --FINAGAL

ただ、Twitterのアプローチの最大の特徴は、サービスの結合によって構成されるシステムの記述には、関数型のプログラム言語が、もっとも適合的だという積極的な主張にあると思います。文字通りの意味で、「システム・プログラミング言語」に、関数型言語を用いること、関数はサービスの抽象化で、サーバーも抽象的には一つの関数であること、こうした世界で本質的な役割を果たすのは、Future/Promiseやflatmapであること。こうした認識のスタイルは、Twitterのシステム理解の要になります。

Twitterは、こうしたアプローチに基づいて、システム構築に必要な基本的なライブラリーをまとめている。それが finagal です。講演では、まず、このfinagalのオーバービューをしてみたいと思います。


一秒間に14万ツイートを処理する分散データベース -- MANHATTEN

こうした一方で、Twitterは、リアルタイムに膨大な量の情報を処理する技術をつくりあげてきました。一秒間あたりの最大ツィート数は、2013日年8月2日に日本が記録した14万3,199ツイート/秒だと言われています。こうした処理を支えているのは、超高速のNoSQL型の分散データベースです。

Twitterは、従来、Facebookの開発したCassandraを利用してきたのですが、近年、それを新しい分散データベースの manhattanに置き換えました。Twitterのmanhattanは、まだオープンソースとしては公開されていませんが、この移行については、いくつかの情報が出ています。講演では、それらを紹介したいと思います。


大規模分散システムのOSの提案 -- AURORA

GoogleやFacebookやTwitterの大規模分散システム、また、AmazonやMicrosoftのクラウドの全体の構成は、とても複雑なものです。それは、これらの大規模分散システムやクラウドの「利用者」が、個別的・具体的に受け取るサービスの総和ではありません。「利用者」が直接には意識しないところで、様々なサービスが働いています。それらの中で、もっとも基本的なものは、システム全体のリソースの利用状況を正確に把握し、利用者の要求に応じて、リソースを動的に割り当てるサービスです。Twitter Auroraは、まさに、そうした働きをするサービスです。

興味深いことは、Twitterは、従来Twitter内部で同様のサービスを提供してきたMesosを、近年、クラウドの世界で急速に受容が進んでいるDockerに対応させるという方向で、Auroraのオープンソース化を進めようとしていることです。そのことの持つ意味は、講演で触れたいと思います。

AURORAの目指すもの

この間、Aurora関連の資料に目を通していて、一番印象的だったのは、Aurora開発の意図について触れた次のフレーズです。

"It’s with the intent of modeling a world where the Twitters, Googles, and Facebooks are no longer superpowers… just powers." (「Auroraは、次のような世界をモデル化しようという意図をもっている。そこでは、TwitterやGoogleやFacebook達が、もはや隔絶したパワーを持つわけではなく、単なるパワーを持つものの一つであるような世界」)

Auroraの目指すところに、期待したいと思います。

マルレク2015-2016第一回/5月14日(木) 開催 (終了)

 ● 開催テーマ :  「 Facebook Parse の世界 --- モバイルアプリ開発とクラウド利用 --- 」

   講    演 : 丸山不二夫

                              講演資料閲覧はこちらから。 (データサイズ 11.3 MB)   

 ● 日 時 : 2015年5月14日(木) 19:00 ~ 21:00 

                      ( 開場 18:30 / 受付 18:30 ~ 19:30 )

 ● 会 場 : 日本マイクロソフト株式会社 本社 セミナールーム  (品川)

            (東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルビル)

 

 ● 定 員 : 150人 無料(申込先着順) 

 ● 申込受付開始 : 2015年5月7日(木) 12:00~

   受講申込み   : こちらから。  (終了しました)

 

「 Facebook Pars の世界 --モバイルアプリ開発とクラウド利用--  」
「 Facebook Pars の世界 --モバイルアプリ開発とクラウド利用-- 」

講演概要

Learn Once, Write Everywhere !

Facebook Parseは、Facebookが提供する、クラウドと協調するモバイルアプリを簡単に作成するためのフレームワークです。Android, iOS, Windows Phone, JavaScript, .NET, PHP, … 等々、数多くのプラットフォームと言語に対応しています。


このことからも分かるように、Facebook Parseのアプローチは、かつてのJavaや近年のHTML5が標榜していた “Write Once, Run Everywhere” のアプローチとは異なっています。Facebook Parseは、それを ”Learn Once, Write Everywhere “と呼んでいます。


それは、HTTPとRESTの考え方を一度学べば、どんな言語でも、RESTでWebアプリのプログラムが書けるのに似ているかもしれません。

 

Mobile side で、Thin Cloudのプログラミング

現在のクラウド上のアプリやエンタープライズのアプリの大部分は、サーバーサイドのWebアプリケーションです。処理は、基本的には、サーバー側・クラウド側で行われます。

それに対してFacebook Parseの処理は、基本的には、モバイル側で行われます。モバイルアプリですのでそれは当然なのですが、Facebook Parseが強力なのは、モバイルアプリの開発に、クラウドの提供するサービスを最大限有効に利用しようとしていることです。Facebook Parseは、モバイルに閉じたものではなく、モバイル+クラウドの開発フレームワークです。

ただ、その大きな特徴は、クラウド側の処理を開発者がほとんど意識することなく、クラウドのパワーを利用したモバイルアプリの開発が可能となるということです。

 

Parse Objectがモバイルとクラウドをつなぐ

モバイルからのクラウドのサービスの利用で一般的なのは、モバイルからクラウドのサービスを呼び出すことです。さまざまなプロトコル上で実装されたRPC(Remote Procedure Call)がそれを可能にします。クラウド上のWebサービスの呼び出しも、こうしたPULL型のRPCスタイルです。

ただ、Facebook Parseではモバイルとクラウドの連携は、RPCによってではなく、基本的には、モバイルとクラウド間でParse Objectを共有することによって行われます。Facebook Parseにとってクラウドは、まず何よりも、各種の検索も可能な便利なデータの格納場所です。しかも、多くの場合にはそれがクラウド上にあることも意識する必要もありません。このことは、モバイルのプログラミングをとてもわかりやすいものにします。

それとは独立に、Facebook Parseは、クラウドからモバイルに対する強力なPUSH をサポートしています。

 

Promise, Parse + React, React Native … Parseの世界の拡大が続いている

Facebook Parseの進化は現在も続いています。

Facebook Parseでは、様々な処理は、デフォールトで非同期のスタイルで行われます。この点では、言語によってサポートにはばらつきがあるのですが、Facebook ParseのPromiseは、非同期処理のスマートな記述を可能にします。

FacebookのWeb UIのフレームワークであるReactも、Parseとの統合が急速に勧められています。Parse + Reactは、Parseの標準的なUI技術になろうとしています。ここでは、Reactive プログラミングの手法が、どんどん取り入れられています。

同時に、React自体も、ハードウェアの性能を最大限に引き出す React Nativeに進化しようとしています。

Facebook Parseの世界の中で起きている、これらの出来事は、非常に興味深いものです。

 

What's New

【マルレク2017-2018】

マルレク個人協賛会員   募集中

一口5,000円(申込から1年間)

ご案内はこちらから

お申込みはこちらから 

 

開催 マルレク2017-2018 第三回

New

マルレク2017-2018第三回「 IT技術者のための情報理論入門 -- エントロピーと複雑さについて 」

開催 2017年9月28日(木)

       19:00~21:00

申込受付 (準備中)

 個人協賛会員 9/14(木)12:00~

 一般申込 9/21(木)12:00~

開催概要はこちら

 

 

開催 マルレク2017-2018 第二回

マルレク2017-2018第二回「 人工知能の歴史を振り返る 」

開催 2017年7月31日(月)

       19:00~21:00

申込受付 (終了しました)

 個人協賛会員 7/17(月)12:00~

 一般申込 7/24(月)12:00~

開催概要はこちら

講演資料はこちらから。 

 

開催 マルレク2017-2018 第一回

マルレク2017-2018第一回「 ニューラル・コンピューターとは何か? 」

開催 2017年5月31日(水)

       19:00~21:00

申込受付 (終了しました)

 協賛会員 5/17(水)12:00~

 一般申込 5/24(水)12:00~

開催概要はこちら

講演資料はこちらから。 

 

 

【マルレク2016-2017】

開催 マルレク2016-2017 第六回

マルレク2016-2017第六回「 RNNの応用と発展 -- Googie翻訳とDNA 」

開催 2017年3月27日(月)

       19:00~21:00

申込受付 (終了しました)

協賛会員 3/13(月)12:00~

 一般申込 3/20(月)12:00~

開催概要はこちら

講演資料はこちら

 

 

開催 マルレク2016-2017第五回

マルレク2016-2017第五回「 RNNの基礎 -- Sequence to Sequence 」

開催 2017年2月28日(火)

       19:30~21:30

申込受付  (終了)

 協賛会員 2/14(火)12:00

 一般申込 2/21(火)12:00

開催概要はこちら

講演資料はこちら

 

 

開催 マルレク2016-2017第四回

マルレク2016-2017第四回「 ネットワークとハードウェアの技術動向 」

開催 2016年11月30日(水)

       19:00~21:00

申込受付 (終了しました)

 協賛会員 11/16(水)12:00

 一般申込 11/23(水)12:00

開催概要はこちら

講演資料はこちら

 

開催 マルレク2016-2017第三回

マルレク2016-2017第三回「 パーソナル・アシスタント・システム と人工知能 」

開催 2016年9月27日(火)

       19:00~21:00

申込受付 (終了しました)
 協賛会員 9/13(火)12:00

 一般申込 9/20(火)12:00

開催概要はこちら 

講演資料はこちらから。

 

 

開催 マルレク2016-2017第二回

 マルレク2016-2017第二回「 自然言語と人工知能 」

開催 2016年7月22日(金)

        18:30~20:30

定員 200人 (予定)

申込受付 (終了しました)

 協賛会員 7/11(月)12:00

 一般申込 7/15(金)12:00

開催概要はこちら

講演資料はこちら。 

 

 

開催 マルレク2016-2017 第一回開催

マルレク2016-2017第一回「 Convolutional Neural Network 入門講座 」

開催 2016年5月13日(金)

        19:00~21:00

定員 200人

申込受付 5月6(金)12:00

       ~5月13日10:00

       (終了しました)

開催概要はこちら。 

講演資料はこちら。 

 

資料 マルレク2016-2017 (4/23 公開)

「 パーソナル・アシスタント・システムの現在 - Google Now,Cortana,Alexa,Dialog - 」

資料閲覧はこちらから。  

「 IBM Watsonは、何をしていたのか? 」

資料閲覧はこちらから。  

 

【マルレク2015-2016】

開催 マルレク2015-2106第六回

マルレク2015-2016第六回「ニューラル・ネットと技術革新の展望 +PROJECT ARA 」

開催 2016年3月12日()

        16:00~17:00

定員 200人 (無料)

受付 3月5(土)12:00~

     (終了しました)

開催概要はこちら

講演資料はこちら。 

 

開催 マルレク2015-2016第五回

マルレク2015-2016第五回「ニューラル・ネットワーク+TensorFlow 入門講座」

開催 2016年2月2日(火) 

定員 200人 (無料)

受付 1月26(火)12:00~

      (終了しました)

開催概要はこちらから。 

講演資料はこちらから。

 

開催 マルレク2015-2016第四回 

「マルレク2015-2016」

 第四回開催

12月22日(火) 19:00 

定員 150人 (無料)

受付 12月15日(火)12:00~

    ( 終了しました)

開催概要はこちらから。

講演資料はこちらから。

 

 

開催 クラウド研究会2015第二回

「 クラウドとコンテナー技術 」

2015年12月8日(火)

定員 150人

開催概要はこちら

講演資料はこちらから。

 

 

開催 クラウド研究会2015 第一回

「 クラウドOSとマクロサービス 」

2015年10月27日(火)

定員 130人

開催概要はこちら

講演資料はこちらから。

 

 

開催 マルレク2015-2016第三回 

「マルレク2015-2016」

 第三回開催

9月29日(火) 19:00 

定員 200人 (無料)

受付 9月18日(金)12:00~

    (終了しました

開催概要はこちらから。

講演資料はこちらから。

 

 

開催 マルレク2015\2016 第二回

「マルレク2015-2016」

 第二回開催

6月17日(水) 18::30 

定員 200人 (無料)

受付 6月10日(木)12:00~

    (終了しました)

開催概要はこちらから

講演資料はこちらから。

 

 

開催 マルレク2015-2015第一回

「マルレク2015-2016」

 第一回開催

5月14日(木) 19::00 

定員 150人 (無料)

受付 5月7日(木)12:00~

    (終了しました)

開催概要はこちら

講演資料はこちらから。(5/14)

 

 

【 マルレク2014-2015 】

開催 マルレク2014-2105第六回

「マルレク2014-2015」第六回開催

3月24日(火) 19::00 

定員 180人 (無料)

受付 3月17日(火)12:00~

    (終了しました)

開催概要はこちら

講演資料はこちらから。(3/24)

 

 

開催 マルレク特別編 第二回

「マルレク特別編」 第二回開催

2月26日(木) 18:30 

定員 500人

     (終了しました)

開催概要はこちらから。

講演資料はこちらから。(2/26)

 

 

開催 マルレク2014-2015第五回

「マルレク2014-2015」 第五回開催

2月02日(月) 19:00 

定員 150人

 (終了しました)

開催概要はこちらから。

講演資料はこちらから。(2/02)

 

 

 

 

開催 マルゼミ2014-2015第四回

「マルゼミ2014-2115」 第四回開催

12月04日(木) 19:00 

定員 130人 

無料

開催概要はこちら

     (終了しました)

講演資料はこちらから。(12/03)

 

開催 マルレク2014-2015第四回

「マルレク2014-2015」 第四回

11月25日(火) 19:00 

受付開始 11月18日12時 ~

定員 150人 (無料)

開催概要はこちらから。

     (終了しました)

講演資料はこちらから。(11/25)

 

開催 マルゼミ2014-2015第三回

「マルゼミ2014-2115」 第三回開催

10月07日(火) 19:00 

定員 60人 

無料

開催概要はこちら。 (終了)

 

 

開催 マルレク2014-2015第三回

「マルレク2014-2015」 第三回

9月26日(金) 19:00 

受付開始 9月19日12時~

定員 200人 

無料

開催概要はこちらから。 

(終了しました)

講演資料閲覧はこちらから。 

 

 

開催 マルゼミ2014-2015第二回

「マルゼミ2014-2115」 第二回開催

8月01日(金) 19:00 

定員 30人 

無料

開催概要はこちら。 (終了)

 

 

開催 マルレク2014-2015第二回

「マルレク2014-2015」 第二回

7月23日(水) 19:00 

受付開始 7月16日12時~

定員 200人 

無料

開催概要はこちらから。 

(終了)

講演資料閲覧はこちらから

 

 

開催 マルゼミ2014-2015第一回

「マルゼミ2014-2115」 第一回開催

6月20日(金) 19:00 

定員 30人 

無料

開催概要はこちら。 (終了)

 

 

開催 マルレク特別編

「マルレク特別編」 開催

6月11日(水) 18:30 

定員 500人 

無料

開催概要はこちら。 (終了)

講演資料閲覧はこちら

 (データサイズ 15.3MB)

 

資料 マルレク2014-2015第一回講演

マルレク2014-2015 第1回

    (2014/05/20開催)

 講演資料公開 閲覧はこちら

   (データサイズ 38.4Mb)

 

資料 マルレク2014-2015第一回 ノート

2014-2015第1回開催ノート

 その(1) こちらに掲載。

 その(2) こちら

 その(3) こちら 

お知らせ

2014年度マルレク開催のお知らせは こちら 

【 マルレク2013 】

開催 第十回マルレク 「マルレク特別編」

第十回マルレク2013

        「マルレク特別編」 開催

4月16日(水) 18:30

             ~21:15

定員 150人 

無料

開催概要はこちら。 (終了)

講演資料閲覧こちら

(データサイズ 約11Mb)

 

開催 第九回マルゼミ

第九回マルゼミ2013開催

2月28(金) 19時~21時

定員 20人 

受講料 5,000円

      (協賛企業 無料枠あり) 

開催概要はこちら(終了) 

 

開催 第九回マルレク

第九回マルレク2013開催

2月27日(木) 19時~21時

定員 150人 

無料

開催概要はこちら(終了

講演資料閲覧こちら

(データサイズ13.3Mb)


 

資料 第八回マルレク

第八回マルレク2013

(2014/1/21 開催)

講演資料を公開

閲覧こちら

(データサイズ8.7Mb)

 

資料 第七回マルレク

第七回マルレク2013

(2013/12/16 開催)

講演資料を公開

閲覧こちら

(データサイズ2Mb)

 

資料 第六回マルレク

第六回マルレク2013

(2013/11/15 開催)

講演資料を公開

閲覧こちら

(データサイズ44Mb)

 

資料 第五回マルレク

第五回マルレク2013

(2013/10/25 開催)

講演資料を公開

閲覧こちら

 

資料 第四回マルレク

第四回マルレク2013

(2013/9/24 開催)

講演資料を公開

※ データサイズ34M

閲覧こちら

 

 

資料 第三回マルレク

第三回マルレク2013

(2013/8/27 開催)

講演資料を公開

閲覧はこちら

 

 

資料 第二回マルレク  (補足)

 (7/31)

第二回マルレク2013

(2013/7/29 開催)

講演資料の一部を追補

「Spanner論文の翻訳」

閲覧はこちら

 

 

資料 第二回マルレク

 (7/28)

第二回マルレク2013

(2013/7/29 開催)

講演資料を公開

閲覧はこちら

 

 

資料 第一回マルレク

第一回マルレク2013

(2013/6/28 開催)

講演資料を公開

閲覧はこちら